FC2ブログ

物と精神

詩・小説・批評・哲学など テーマは「世界と自分のあり方」全体です

目と綾波

RIMG0164.jpg

スポンサーサイト



モネと言葉

RIMG0162.jpg

文字の子

RIMG0161.jpg

メモ2

 我々にとって無知とは知の限界の外側である。優れた人間は現在あるもの全てから一つの統一的判断と知識を取り出す。そうでない人は現在あるものよりもずっと小さいものの中で一つの統一的判断を下す。こうした意味において凡人(と仮に名付ける)はより規模の小さな天才だと言うことができる。
 我々の知の外側の世界は暗いのだが、我々はしばしば人生においてこの暗い領域から思いも掛けない不意打ちを食うことがある。また思いも掛けない恩恵をこうむることがある。
 しかしこの領域は我々にとって未知であり、恐怖である。しかしまた別の人にとっては希望でもある。

RIMG0140.jpg

RIMG0126.jpg

RIMG0123.jpg

詩とモンハン

RIMG0025.jpg

の子と綾波

の子と綾波

RIMG0101.jpg

説明が足りていないのではなく経験が足りていない。
 

RIMG0099.jpg

RIMG0087.jpg

RIMG0085.jpg

RIMG0023.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。