FC2ブログ

物と精神

詩・小説・批評・哲学など テーマは「世界と自分のあり方」全体です

「ありがとう」とみなさまに語る詩

  
 

ぼくの
ことばを
ぼくは
磨いた

世界は
終わった
ひとひらの



人間達がいつも
怒鳴ったり騒いだり
でも、時には愛が
生まれたり潰えたり


そんな中で一切れの
スイカを食べる
スイカ、SUICA、西瓜
いろいろな表記法があるけれど
あの甘い味は一つ
塩をかける人もいるけどさ


人間達よ
どうしてそんなに騒いでる?


ぼくも一杯
やらせてくれよ


色々な人が
色々な事を言う
「君はセンチメンタリストだ」とか
「君は現実主義者」だとか
「君は現実を忘れている」とか
「君は現実にしがみつきすぎている」とか


それら色々の言葉がそれぞれの光彩を放って
ネットの宙〈そら〉を駆けている


それはなんとなく真空に掛る
エーテルの橋に似ている


(エーテル? それってアインシュタインによって否定されたんじゃなかったけ?)

 
…無論、エーテルは存在する
僕の心の中に


                         謝辞

 この詩を書くために、僕は三十一年と五ヶ月の命を神から貰い受けました。神に感謝いたします。

 僕が言葉を発するために、日本国の公共教育機関が少なからず役に立った事を僕はここに吐露します。ありがとう、日本の公共教育機関。ただ、もう少し優しくしてもいいんじゃないかと思った事もあったけれど。

 僕が詩を発表するために、毎日膨大な情報が流れるネット空間が必要された。ネット空間よありがとう。たくさんの「デマ」と「YouTuber」と「ホモネタ」と「アニメMAD」と「異世界に行く小説」と「時事ニュース」と、それへの「正論」が膨大に流れるインターネットという二十一世紀のインフラよ。ありがとう。おかげで僕の詩も情報の「塵」になれた。

 最後に、この詩を読んでくれた読者よ、ありがとう。もしあなたがいなければ、この詩は単なる独語に留まっただろう。僕は元来、独語が好きなのだが、たまには他人を必要とする事もある。ありがとう。

 最後に、世界よ、ありがとう。存在していくれて。

 そして存在しない世界を、世界の破滅を夢想し、それを実現する事さえ可能にしてくれる世界の『有様』、それ自体にありがとう。この世はなんだって起こる。大量虐殺も、僧侶の自己犠牲も、イエスの刑死も、なんでもありうる。そんな世界よ、ありがとう。ライプニッツ的な意味ではなく、ありがとう。

 とにかく、なんだかありがとう。それではまた、みなさま。さようなら、しばしの間。

スポンサーサイト



馬鹿/日暮れ

馬鹿


光には彩りがあって
少し暗い方がよくもてると言う
髪をとかして君に見せたい
新しい髪型、流行りのアクセサリーで
僕は馬鹿になりたい
電車を待っている時
線路に飛び込む君の姿が見えた
ああ、君も馬鹿になればよかったのに




日暮れ


雨降ってる夜は
もう一度雨が降る
神がいる日はもう一度
神様が降りてくる

トレジャーハンティングはたまにうまくいく
誰も裏切り者がいない時に限り
もし君が裏切り者なら
僕は君をためらいなく殺すだろう

人混みにトラックで突っ込む男も
いつか甘い夢を見た事があるのだろうか
今日、牢獄にも
社会と同じ日が暮れる

詩人のただ一つの魔法



自らの運命の悲惨を詩人は
独特の方法でポジティブなものに代える
真の詩人はそのような魔法を体得している
詩人はこのたったひとつの魔法で自らの運命と戦う
すると、人々にはこの魔法の背後にどんな悲惨が隠れているかは見ず
ただ、魔法の結果たる美しい幻影だけを目にする事となる
つまり、詩人はそのように生を生きたのだ
彼は自らと人々に対して美しい嘘を残した
そしてこの嘘によって事実としての人生を超越したのだ

逆さまに落ちる人

IMG_20151225_143227.jpg


透明な渦が引かれ
その中に世界は吸い込まれていく
「私」の名もいつしか透明となっており
人々の眼窩の中にそれはない
…今を生きているという実感が
この私を生かしているのだろうか?
死を肯定するという事もやはり
生の実存の一つに過ぎない
「私」の為にあらゆる他人を使役し
この世界のすべての人間を私という王の為の奴隷にしたって
そんなゲームにもいつか飽きがくる
もし人生が無限に続き、我々が無限の富に恵まれたとしてもやがて我々は
その事それ自体を否定したくなるだろう
人間は世界の外側を考える事はできない
なぜなら、世界と呼ばれる存在そのものが私達自身の存在とイコールなのだから
人々にとって世界が生きる場所であるなら
私にとってそれは苦痛を受ける場所
そしてその苦痛から何が生まれてくるか
私自身知る由もない
この詩を読む人間が世界にこの私一人しかないとしても
私は私が誰よりも客観的な基準を握っている事を知っている
そう、私はあくまでも私の主観的な基準の中で
自分が世界と同一だという事を知っているのだ
だから、人々は……いや、もう人々の話はよそう
とにかく私は今ここに生きており、だから私は
今生きている自分を越えようとしている
だから、私は私の悲劇を見る事ができる
船首から逆さまに落ちる船人のように
世界が私の逆目に綺麗に映るのであれば それはやはり
この世界が元から逆だったという事の証明になるだろう
そしてその時、君の目は
何故か、閉じていた

幸福論

もし君が何かを幸福だと定め

そのために努力しているというなら

君はその「幸福」を得た途端

それを失う事を怖れ、そのために

「不幸」と同じ状態になるだろう


「悟り」とは出たり入ったりする事ができないものだと

ある人は言った

だとしたら幸福もまた

出たり入ったりできないものではないか


幸福な人は死を前に怖れを抱いてはならない、と

ウィトゲンシュタインは言った

もし、そうであるなら

「幸福」とは絶対的に人間に強制された枷ではないのか

そして その時

幸福と不幸とはもはや同じ意味ではないのか


煩悩と悟りは一つであると

ある人は言った


幸福であれ

今、この瞬間に

青い星



AかBかと君が問う時

君は既に支配者の手の中にいる

AかBかと君が思い悩む時

君は既に悩むその意味を喪失している


君が勝つか負けるかを考え始める時

その時、既に君は敗北している

そう考えた時、支配者達は皆

にやりと静かな笑みを湛えるだろう


君は世界に問わなければならない

「それを越えられるか、否か」と

善悪の彼岸まで行かなければ

君は永遠に奴隷のままだろう


論破するのも、論破されるのも好きにしたまえ

君達は君達が信じ込んだものの為に戦い

そうして自分達が信じたものを疑う事を知らない

それ故、君達は無知のままに死ぬのだ


そして、自らが無知であるものを知る者が

世界の手の平を逃れ、次の世界に行く

そこは当然、カントの鳩がたどりつくような

真空の世界だが


その一瞬だけ

この世界が信じられないほど美しいものとして見えてくる事だろう

つまり、地球を脱して眺める

この青い星そのもののように

詩人と「歌い手」




詩人になるために必要な事は

ただ一つ勇気があればいい

そんな事を僕は

この冬の夜に思います


もし、現代に中原中也がいて

インターネット上に詩を載せていたら

彼は今のように

有名になれただろうか?


…僕は無理だと思いますね、実際

何せ、世の中が欲しているのは

沈黙に似た美しさではなく

ただ、騒がしさ

それも世の中の人間にとって有益であるという

見かけを伴った騒がしさ

ただ、それだけしか望まれていないのですから


だから、現代の中原中也は

やっぱりあの当時と同じように

孤独にどこかの往来をぶらついているのでしょう

…僕はそういう気がしてならないのですが


そしてそんな詩人が一人で

病にかかって死にかけている頃

ニコニコ動画のランキングでは

「歌い手」達がみなさんから喝采を浴びているのでした

切れました



  
真空が風になったら

有が無になるのだろうか?

インターネットを通じて世界は

僕に逐一指示を出してくる

でも、時々、僕はそれを

風の中の雑音と聞き間違える


大学生の時に恋したあの子は

今は何才になっているだろうか?

…笑わせる、あの子は今

僕と同じ年のはずだ

…だが、その「はずだ」はいつか

壊れてしまうかもしれない

僕はふいにそんな事を思う

きっと、あの子は

年々若返っているに違いない


結局、人々が何を言い、どれだけはしゃごうと

相変わらず自然はそのゆっくりとした流れを止めない

人々が互いに嬉々とした表情で

お互いの首を刎ね合おうと

それでも、近所の野良猫はのんびりと

自分の肉球をぺろぺろと舐めているだろう


(…はい、わかりました すいません、すいませんでした 以降、気をつけます)

(ええ、もうこんな事は二度としません 間違えてしまったんです すいません)

(このお詫びはまた、後日、別の形で すいません それでは、また『あの件』よろしくお願いします)


ツー・ツー・ツー

電話は切れた

それと共に僕も切れた

電球が切れるように、パチっとね

ペンを落とす



多分、夜の音はハタハタと聞こえるし

君の声は波の音にとてもよく似ている

人間たちの世界はいつも

雨上がりに

キラキラと光るガラス片によく似ている

なんて書いてどうなるの?」と君は聞くけど

そう問う君自身がこの先どうなるのか

かつて真剣に考えた事があっただろうか?


宇宙の果てまで行けば

そこにはこことは違う大気圏があって

そしてそこでは僕達とは異なる論理空間が張られていて

でも、そこでもやっぱり

七次元的な存在が

一生懸命をものしているのだと思う


…ふと、そんな気がする午後

僕は机の上から ふいに

ペンを落っことした

世界が壊れた後




私達の言葉は耳を持って

この世界の中を飛んで行く

全てが光の珠になってばらけて散っても

君の微笑だけは

まるで彫刻のように残っている


世界が笑えば 君の涙一つが

それに照応しうる幻想となる

君達、人間の言葉はどんなものか

この一本の葦たる僕に教えて欲しいな

僕には依然、山羊の方が

まだ、少しは「人間らしく」見えたりするのだが


もし、宇宙が爆発したら

パルサーこそがホワイトホールだという事が証明されるから

その時、宇宙学者達は「これこそ真理だ!」と

爆発する地球の只中で叫ぶに違いない


そしてその時、サッカーボールを蹴っている少年は

無数の流星が降ってくるのを肉眼で確認する

しかし、医師達はそれを信じない

何故なら、それはMRIに映っていないから


経済学者たちは経済指標を改ざんするのに忙しく

政治家達は票を取るのに忙しく

作家は文体をひねり、哲学者達は

自分達がいかにデカルトとカントよりも立派であるかを

大層な数式を用いて証明していた


そんなこんなで消滅していくこの世界を

惜しむ人は一人もいなかった

しかし、そんな中で

精神病院奥深くに隔離された一人の狂人は

この世界が壊れる事を感じて一粒の大きな涙を流す

その涙は看護師達の嘲笑のネタとなったが

実を言うと

この僕達の世界はその一粒の涙から始まったのだ


だから、僕達は感謝しなければならない

あらゆるデータを放逐した後に流された

たった一粒の「人間」の涙に…


まあ、そのあと皆はまた

その涙をデータ解析にかけるのに

ものすごく忙しかったんだけどさ

井戸と世界




小説家志望は小説しか知らず

声優志望はアニメしか知らない

漫画家志望は漫画しか知らず

映画監督志望は映画しか知らない

だって私の専門はそれだから

だから、私はそれしか知らなくて結構

他の事はよくわからないし

それにもう新人賞の締め切りが迫っている


こうしてあらゆるジャンルは高度化と専門化を経て

次第にやせ細っていく

理系は文系を批判し、文系は理系を批判し

男と女は全く違う思考、生活体系の中にいて

隣国同士ではまるで考え方も顔形も違う


全てが分節化され、全てが

深い井戸の中にどんどんと潜っていく

おそらく、それは結構な事であるのだろう ただし

それが結構なのは

自分達が井戸の中にあるという事を知っている場合だけ


僕達はいつの間にか

井戸の中を世界と称するようになった

そしてその「大海」の中を泳いで

実に楽しそうな顔をしている


僕はこの世界のどんな井戸よりも

それよりもはるかに深い井戸を一人で掘って

そこに籠城しようと思っている


おそらく、その井戸の最下層には

全てを共通の原理に還す

一筋の水脈があるはずだ

そしてのその水脈を見つけたら 僕はそれを

絶対に一人占めにしてやろう


この井戸は僕のものだ!
 
そうだ、僕も皆と同じく

自分の殻に閉じこもって生きているのだ

ただ、僕はその事を…

深い所からのもう一つの視点で

見続けているような気もするけれど

私自身にしか聴こえない歌





広い世界に出るなら

風をひとひらください

私の言葉が間違っているとあなたは

指摘しないでください


あなたの言葉が何であるか

私は知りません

私はいつも眠っています

私はいつも、「眠り」の中で眠っています

だから、言葉はいつも

あなたにささやきかけるでしょう

だって、この世界は一つのおおきな夢

まどろみの中で咲く花にすぎないのだから


人はドラマを基準に、フィクションを基準に

自分の現実を計っています

そしてその測量によって現実が造られると

思い込んでいるのです

だから、この世界は偽花ばかり

でも、本当の事を求めると私は

世界から孤立してしまう


だから、私は世界から孤立して

自分の歌を歌います

世界平和も戦争賛美もどっちもうんざり

私は私自身の中に閉じこもって

歌を歌います



…私自身にしか聴こえない歌を

どこにも




例えば日本の事を語ると

誰かがお説教してくれます

例えば世界の事を語ると

誰かが怒鳴りつけてくれます

例えば私が誰かを褒めると

その誰かは私を褒めてくれます

私がおっぱいを出せば

沢山の人が私を見に来てくれます

でも、全部はそれだけ

でも、全部はただそれだけなので

私は凄くつまらないです

私はそれだけの世界がとてもとても

つまらないです

それでも、あなたはどこかで見てくれている?

「本当のあなた」なんてどこにもいないけど

詩に意味を与える事、詩自体が意味である事




あなたが詩人なら

言葉を使ってください

あなたが詩人なら

言葉で自分を表現してください

決して『概念』を使わないでください

『意味』なんてもってのほかです

あなたの詩が一つの意味です

あなた自身が一つの意味であるように

あなたが叫ぶ事があなたの意味ではないのです

あなた自身がそれ自体でひとつの意味なのです

勘違いしないでください …だから

あなたは詩を作るべきです 書くべきです

詩が意味する所は問題ではありません

詩自体が一つの意味であるように

そのように詩を書いてください

その時、あなたの詩はおそらく沈黙するでしょう

そう、それはまるで一輪の花のように

そして花と同じく

沈黙して咲いている姿こそが一つの意味なのです

それは人間みたいに意味を叫ぶ

醜い獣ではないのです

詩という生き物は

『そうでしょ?』





詩、書いちゃってる?

言葉、続く、君の先へ

笑えばーーー人が笑うと思うよ

君は、笑わないだろうけど



人間性失った、人じゃなくなる

そう言って威嚇した人、皆死んだ

私、言葉より大切なものーーー

ないの


あなたって死んでも笑ってるのね

この間、あなたが酔っ払って寝てる所にキスしようと思ったんだけど

すぐにうんざりしてやめちゃったわ

だってあなた寝てても

寝てても………

「死んで、早く」 そうすれば私

楽に生きられるから



『人間性を疎外されてマルクスは

神となった』


これが詩かどうか、わかる?

どう? 判定者のみなさん?

みなさんのお手元のボタンを押せば

私に一点や二点がつくってわけ?

そんなもの、私はいらない 私はーーー

あなたの素顔を見てみたい

あなたがまだ一度も見た事のない素顔を


この言葉消す? いいえ

言葉とはひとつの自動消去装置

人間達が消えれば、風が一陣残るだけ

その時、あたしがあなたにあの時したキス

その意味、あなたにもわかって?

…いいえ、あなたはわからない

だって、あなた人間じゃないもの


言葉タチ、これが私の全て…

でも、私だけを愛して だって

他の人達、皆、獣みたいに見える

言葉じゃない、愛撫で伝えて

でも、あなたの汚い肌、もう見たくはない

私は存在しない女 言葉の上で…

私は死にたい


生きたい、だから、私は死にたい

意味、わかって?


はやく、お手元のボタン押して

そしたら、私、消えられるから


ーーーごめんなさい、今言った事、全部ウソ

あなたはもはや消失した存在、二千六百年前に だから私は

あなたの名を呼ぶ

だって消滅したものはもう二度と

『消滅』しないのだから



………そうでしょ?




このカテゴリーに該当する記事はありません。