FC2ブログ

物と精神

詩・小説・批評・哲学など テーマは「世界と自分のあり方」全体です

カルピス


僕はどうやら頭が狂ってしまったようだ

みんなと飲んで騒いでても全然楽しくない

女の子とふたりでいても全然ときめかない

僕はどうやら頭が狂ってしまったようだ

この世の全てに何も感じない

お医者に行ってもその医者の手が

ゴツゴツした岩のように感じられて無味乾燥だ

こんなことではどうしようもないと思って

僕はカルピスを飲んだ

するとほんの少し気持ちが軽くなった

僕の世界は「カルピス」だ

それ以外にはない



謎の白い液体・・・

スポンサーサイト



  それだけ   暗い部屋で一人さんへ


肩の荷を下ろしてほっとすると

辺りの風景が急に眩しくなって

僕は自分が死後の世界に生きていたと知る

今、食べるものは何でも美味くすることは何でも楽しく

ただ、人間が悲しいだけ

人間が悲しいだけ


ただ、それだけだ


 少年


 影。闘争。それでも言葉は俺にやってくる。俺は長いことわざと盲いてびっこを引いた。誰かを真似て。
 その誰かとは「俺」だった。
 俺はその事に気付くのに「半年」かかった。半年!なんと長い月日だ!俺の永遠の日々はこうして過ぎ去った。
 俺は「少年」に戻っていた。

このカテゴリーに該当する記事はありません。